読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミオンパシーライフ

90秒の逆ストレッチ!ミオンパシー&セルフミオンパシーを通して、健やかでハッピーな毎日を手に入れるブログ

ふくらはぎが重だるい…ヒラメ筋のセルフ整体

おはようございます!

いぎあ☆すてーしょんUROOMの辻村裕美子です。

 

昨夜はUstream おやすみ☆セルフ整体の放送日でした〜。

金曜日はリクエストDAY!

みなさんからいただいたリクエストやご相談をもとに

関連のある筋肉のセルフ整体をご紹介しております。

 

昨夜は

「ふくらはぎが常に重だるい」

という方からのリクエスト。

 

いわゆる”ふくらはぎ”は、腓腹筋という筋肉であることが

ほとんどですが、今回は腓腹筋の奥にある

ヒラメ筋のセルフ整体をご紹介しました。

 


www.ustream.tv

 

腓腹筋とともに下腿三頭筋とも称されるヒラメ筋。

お魚のヒラメのように平たい形からその名前がついたと

言われています。

 

足底の底屈(足首を伸ばしたつま先立ち状態)させるのが

ヒラメ筋の働きです。

また、立っているときや歩いているときに体が前のめりに

ならないように支える役割もあります。

 

平べったいけど、パワーはあるのがヒラメ筋。

そして案外日常生活の中で使っている筋肉でもあります。

(スポーツされてる方だと尚のこと)

 

セルフ整体のポイントは

「足首の角度を調整する」こと。

 

私の経験上、

ふくらはぎが疲れてきたり、むくんでパンパンになると

ついつい腓腹筋そのものに目が向いてしまいますが、

実は、

その奥にあるヒラメ筋が硬くロックし続けていることで

血行不良や動きの低下を招いていた…ってことが

多いような気がします。

 

ゆるめてみると「あ〜、こいつが硬かったからなのね!」と

気づかされるかもしれません。

 

そして、ヒラメ筋が硬くロックして

伸びも縮みもしないとなると、

膝にも負担をかけるようになります。

特に、体重移動や急激な方向転換をする動きを

するときに影響が出ます。

スポーツされている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

こちらもオススメ♪

↓ヒラメ筋のセルフ整体も掲載↓

 

たった90秒! 体の痛みを自力で治す本 (楽LIFEヘルスシリーズ)

たった90秒! 体の痛みを自力で治す本 (楽LIFEヘルスシリーズ)